カテゴリー
筋肉

筋膜の基礎知識

筋膜の基礎知識

 骨格筋の最小単位は筋細胞で、多数の筋原線維からなり筋線維とも呼びます。複数の筋線維が集まり筋束となり、複数の筋束が集まり一つの筋肉になります。

 個々の筋線維の周囲を筋内膜が、筋束を筋周膜が、一つの筋肉全体を筋上膜(筋外膜)が包みます。単一または複数の筋肉を一つの区画としてまとめて包むのが深筋膜で、皮膚の下の脂肪組織の層が浅筋膜です。いずれの筋膜も結合組織に分類され、組織同士の隙間を埋めて結び付ける働きをします。

筋内膜(Endomysium)と筋周膜(Perimysium)

 筋内膜と筋周膜は疎性結合組織です。主な成分はヒアルロン酸とプロテオグリカンの結合体が水分を含んだゲル状の基質で、その中に木綿を薄く潰したような配列のコラーゲン線維(膠原線維)があり、筋周膜には少量のエラスチン線維(弾性線維)が混ざります。脂肪を含むこともあり、霜降り肉のサシと呼ばれる白い部分は筋内膜や筋周膜に相当します。筋肉に入り込む神経や血管はこれらの膜内を通ります。

 コラーゲン線維自体に伸張性はなく、筋線維とともに筋膜が伸ばされると、コラーゲン線維の配列が変化して対応します。線維配列が平行に近づくと、それ以上は伸びずに抵抗して筋線維を保護します。基質の潤滑作用がコラーゲン線維の配列変化を円滑にし、組織間の摩擦抵抗も減らして筋肉の滑走性を高めます。

 筋内膜と筋周膜は末端部で合流してコラーゲンの線維配列が長軸方向に対して平行に揃い、線維の密度を増して密性結合組織である腱に移行して骨に付着します。腱は筋膜末端部の集合体と言い換えることもできます。腱膜とは腱を包んでいる膜ではなく、平板状の形をしている腱の呼称です。

筋上膜(Epimysium)

 筋上膜は線維配列が不規則な密性結合組織です。構成成分は筋内膜や筋周膜と似ていますが、ゲル状基質の割合が少なくて線維成分の割合が高く、強度は優り柔軟性は劣ります。深筋膜、関節包の線維膜、真皮なども同様の構成で脂肪は含みません。末端部では筋周膜と共に腱に移行して骨に付着します。

 腱や靭帯も同じ密性結合組織ですが、線維配列が規則的で長軸方向に並行なので伸張性はほとんどなく、牽引力に対して高い抵抗力を発揮します。エラスチンの含有比率が高い一部の靭帯は弾力性があります。

深筋膜(Deep fascia)

 深筋膜も密性結合組織で、外科的処置の筋膜切開が行われるのはこの組織です。単一または複数の筋肉を一つの区画としてまとめて包み、胸腰筋膜や大腿筋膜のように固有名が付けられる部位もあります。筋上膜と合わせて深筋膜と説明されることや、筋上膜と同一に扱われることもあり、文献により定義が統一されていないようです。

 肥厚して靭帯になる部分、筋上膜と共に筋間中隔に移行する部分、腱膜に癒合する部分などもあり、筋肉の付着部としての役割もあります。強靭で伸張性に乏しく、筋肉の外形を保ち内圧を調節して姿勢維持にも関わります。

 筋膜から筋肉が剥がされてしまうと、その部分だけが不自然に収縮して窪みができます。これが肉離れと呼ばれる傷害の一例で、損傷時に内出血を伴うと、その隙間に血液が溜まり血腫になります。

 複数の筋肉が順番に収縮して行う連続性のある複合運動では、ある筋肉の収縮が近隣の協調筋を包む深筋膜を緊張させ、力の伝達効率を高めて運動の連鎖を円滑にする場合があります。

 筋膜の一部が癒着して柔軟性が落ちると、隣接する筋肉の筋膜の柔軟性にも悪影響し、それが連鎖して離れた筋肉の可動性をも悪くするという説があります。深筋膜は腱や筋間中隔を介して骨に固定されているため、その柔軟性の問題は同一筋肉内で完結する事実と矛盾するように思えます。

浅筋膜(Areolar connective tissue)

 浅筋膜は脂肪細胞を多く含む疎性結合組織で、皮下組織と表すのが一般的です。皮下脂肪や脂肪組織層とも呼ばれ、皮下だけではなく筋肉と筋肉の隙間も埋めている組織で、神経、血管、リンパ管が通ります。バラ肉やロース肉の脂身などはこれらに相当し、膜よりも層のイメージが適しています。腹壁部では脂肪に富む浅層のカンパー筋膜と、エラスチンに富む深層のスカルパ筋膜に分類されます。

 他の筋膜が筋肉を中心に存在して互いに連続性を持つのと比べ、浅筋膜は皮膚の裏打ちのようなもので筋肉との関連性は低いです。皮膚をつまみ上げることができるのは、皮下組織の柔軟性により遊びがあるからです。皮膚が伸び過ぎてしまう皮膚弛緩症は、真皮の弾性線維の減少によるもので別問題です。

 熱傷や外傷が皮下組織まで達して、その修復過程でコラーゲン線維が変性して硬くなると皮膚の柔軟性が落ちます。それが関節付近であれば、関節の動きにも制限を与えます。長期間の関節の不動による拘縮の原因として、皮下組織も含めた皮膚の影響は、骨格筋と関節包に次いで3番目に高いとの研究報告があります。

 筋膜を全身を包む一繋がりのボディースーツに例え、外側から全身を支ているという説があります。ここでいう筋膜とは皮下組織を指すので、皮膚をボディースーツに例えるような中身の乏しい表現です。

 浅筋膜の引張力に対する抵抗力は皮膚よりも弱いです。そもそも圧縮力に対する抵抗力はほとんどないので、カニの殻のように外側から自重を支える強度はありません。現在の地球環境(大気中の酸素濃度)では、外骨格で自重を支えられる陸上動物の最大サイズはヤシガニ程度です。

Fascia と Myofascia

 筋膜と和訳されるべき本家は「Myofascia」で、これに分類されるのは筋上膜、筋周膜、筋内膜です。「Fascia」を一言で表す正式な日本語訳は未定ですが、一般的には筋膜と訳されています。Myofascia を Fascia に含めるか否かも統一されていません。これらが色々な混乱を招いている元凶です。

 皮膚、筋膜、腱、靭帯、関節包、骨膜も大分類では「Fascia」に属します。Fascia(皮膚)をつまむだけで Fascia(筋膜、腱、靭帯、関節包、骨膜)に好影響を与えられるといった珍説があります。

 組織学の研究成果のごく一部を掻い摘み、その時々で都合のいい組織だけを「筋膜」として取り上げて同列に語る恣意的な拡大解釈は、科学に対する冒涜です。我田引水ででっち上げた「筋膜神話」ではビジネスチャンス以外に魅力を感じません。

筋膜ビジネス

 人体の多層構造はバウムクーヘンよりもミルクレープに似ています。皮膚、深筋膜と筋上膜、筋線維がクレープ生地に、浅筋膜、筋周膜、筋内膜が生クリームに相当します。生クリームが乾燥して粘性が増せばクレープ生地は滑りにくくなります。

 筋肉と筋膜をくっ付ける何かがあるのではなく、筋膜自体が流動性と粘弾性を兼ね備えた粘着剤のようなものです。運動不足や血行不良などで筋膜に含まれる水分量が減少すれば筋肉の動きが悪くなります。

 骨折や捻挫の治療などによる関節の固定、寝たきりや麻痺などで長期的に筋肉が動かされない状態が続くと筋線維は萎縮します。同時に筋内膜ではコラーゲンが過剰に増えて線維化し、厚く硬く変性して筋肉の柔軟性が低下します。

 線維化した筋内膜を元に戻す有効な方法は確立されていなく、予防としての運動やリハビリが大切です。筋膜ローラーなどとも呼ばれる健康グッズでコロコロしても、筋肉へのマッサージ的効果はありますが、線維化した筋内膜を柔軟に戻す効果は不明です。

 巷で囁かれている「筋膜のゆがみ・ねじれ」は具体的にどの筋膜のどのような状態を指すかもはっきりせず、定義すら明確でありません。そのような抽象的で曖昧な概念に体の不調の原因を求め、それをリリースすればあらゆる問題を解決できるかのように謳う誇大妄想的な筋膜ファンタジーと、何でもかんでも筋膜を冠して一儲けを狙う筋膜ビジネスの流行には驚かされます。

 マッサージやリラクゼーションの価格競争で相場価格が低下したので、新しい価値観を作り上げてラベルだけ張り替え、中身の似たようなものに倍以上の価格を付けているのではと疑いたくなります。資格商法や協会ビジネスの関係者が多くのメディアに登場して昨今の筋膜ブームを巻き起こした経緯を考えると、学術的な正確性よりも視聴率を優先して量産される健康情報番組の氾濫にも問題を感じます。

 製作会社に広告宣伝費を支払った依頼者が出演し、宣伝目的の内容を放送するヤラセ容認の番組にも要注意です。ネット上で行えばステルスマーケティングとして非難されそうな行為が、テレビ、ラジオ、雑誌記事などでは当然の如くまかり通っているのは不思議です。

柔軟性の捉え方
一瞬で全身の筋肉を緩ませる方法
腰痛の原因は腰にはない?