カテゴリー
詐欺

筋膜の基礎知識

筋膜の基礎知識

 骨格筋の最小単位は筋細胞で、多数の筋原繊維からなり筋繊維とも呼びます。複数の筋繊維が集まり筋束となり、複数の筋束が集まり一つの筋肉になります。個々の筋繊維の周囲を筋内膜が、筋束を筋周膜が、一つの筋肉全体を筋外膜(筋上膜)が包みます。単一または複数の筋肉を一つの区画としてまとめて包むのが深筋膜で、皮膚の下の脂肪組織の層が浅筋膜です。

筋内膜と筋周膜

 筋内膜と筋周膜は疎性結合組織です。主な成分は水分とヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸などからなるゲル状の基質で、その中に棉状の不規則な配列をしたコラーゲン繊維があり、少量のエラスチン繊維が混ざります。筋内膜はエラスチン繊維を含みません。脂肪を含むこともあり、霜降り肉の白い部分は筋内膜や筋周膜に相当します。動物により脂肪が沈着する組織は異なり、人体と家畜では解剖学用語に多少の違いがあります。筋肉に入り込む神経や血管はこれらの膜内を通ります。

 コラーゲン繊維自体に伸張性は無く、筋膜が伸ばされるとコラーゲン繊維の棉状配列が変化して対応しますが、繊維配列が平行に近づくとそれ以上は伸びずに抵抗して筋肉を保護します。基質の潤滑作用がコラーゲン繊維の配列変化を円滑にし、組織間の摩擦抵抗も減らして筋肉の滑動性を高めます。

 筋内膜と筋周膜は末端部で合流してコラーゲンの繊維配列が長軸方向に対して平行に揃い、繊維の密度を増して密性結合組織である腱に移行して骨に付着します。腱は筋膜末端部の集合体と言い換えることもできます。

 ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸は皮膚や軟骨、軟骨の滑りを良くする滑液中にもある成分です。栄養学的には糖質に分類される多糖類ですので、食事やサプリメントで摂ってもそのままの分子構造で吸収されることはなく、単糖類まで消化されなければ体内に吸収されません。極端な糖質制限などせずに普通に炭水化物を食べていれば問題はありません。

 コラーゲンはタンパク質ですので、アミノ酸まで分解されなければ体内に吸収されません。皮膚から吸収されることもなく、仮に吸収されたとしても、自分の体内で合成されたものでなければアレルギー反応を起こして危険です。

筋外膜

 筋外膜は繊維配列が不規則な密性結合組織です。構成成分は筋内膜や筋周膜と似ていますが、基質の割合が少なくてコラーゲン繊維の割合が高く、強度は優り柔軟性は劣ります。深筋膜や真皮も同様の構成で脂肪は含みません。末端部では筋周膜と共に腱に移行して骨に付着します。

 腱や靭帯も同じ密性結合組織ですが、繊維配列が規則的で長軸方向に並行なので伸張性はほとんどなく、高い抗張性を持ちます。平板状の形を成している腱を腱膜と呼びます。

深筋膜

 深筋膜も密性結合組織で、外科的処置の筋膜切開が行われるのはこの部位です。単一または複数の筋肉を一つの区画としてまとめて包み、胸腰筋膜や大腿筋膜のように固有名が付けられる部位もあります。筋肉は多層構造で最外層の筋肉の体表側だけを見れば、深筋膜は皮下脂肪と筋肉の間にあると言えますが正確な表現ではありません。筋外膜と合わせて深筋膜と説明されることや、筋外膜と同一に扱われることもあり、専門家の間でも認識が統一されていないようです。

 肥厚して腱膜や靭帯になる部分や、筋外膜と共に筋間中隔になる部分もあり、筋肉の付着部としての役割もします。強靭で伸張性に乏しく、筋肉の外形を保ち内圧を調節して姿勢維持にも関わります。筋膜から筋肉が剥がされてしまうと、その部分だけが不自然に収縮して窪みができます。損傷時に内出血を伴うと、その隙間に血液が溜まり血腫になります。これが肉離れと呼ばれる怪我の一例です。

 筋膜の一部が癒着して柔軟性が落ちると、隣接する筋肉の筋膜の柔軟性にも影響し、それが連鎖して離れた筋肉の可動性をも悪くするという説があります。この考えは、筋膜が腱や筋間中隔を介して骨に固定されていて、その伸張性の問題は同一筋膜内で完結する事実と矛盾するように思えます。

浅筋膜

 浅筋膜は脂肪細胞を多く含む疎性結合組織です。脂肪組織層や皮下脂肪とも呼ばれますが、単に皮下組織と表すのが一般的です。筋肉と筋肉の隙間を埋めているのも脂肪に富む疎性結合組織で、バラ肉の脂身はこれらに相当します。他の筋膜が筋肉を中心に存在して互いに連続性を持つのと比べ、浅筋膜は皮膚の裏打ちのようなもので筋肉とはあまり関係がありません。腹壁部では脂肪に富む浅層のカンパー筋膜と、弾性繊維に富む深層のスカルパ筋膜に分類されます。

 皮膚をつまみ上げることが出来るのは、この組織の柔軟性により遊びがあるからです。熱傷や挫創がこの組織まで達してコラーゲン繊維が変性して硬くなると皮膚の柔軟性が落ち、関節付近であれば、関節の動きにも制限を与えます。関節の不動による拘縮の原因としての皮下組織も含めた皮膚の影響は、骨格筋と関節包に次いで3番目に高いとの研究報告があります。

 筋膜は全身を覆う一枚のボディースーツに例えられる事があります。この場合の筋膜とは浅筋膜を指すので、皮膚をボディースーツに例えているのと同様ですが、皮膚よりも強度が低い浅筋膜に全身を支える働きはありません。

まとめ

 人体の多層構造はバウムクーヘンよりもミルクレープに似ています。皮膚、筋繊維、密性結合組織がクレープ生地で、疎性結合組織が生クリームに相当します。生クリームが乾燥して粘性が増せばクレープ生地がずれにくくなります。筋肉と筋膜をくっ付ける何かがあるのではなく、筋膜自体が流動性と粘弾性を兼ね備えた接着剤のようなもので、他動的に引っ張られれば伸びますが、自ら縮こまる作用はありません。

 骨折の治療などによる関節の固定、寝たきりや麻痺などで筋肉が動かされないと筋繊維が萎縮し、筋内膜でコラーゲンが過剰に増えて組織が繊維化して厚く硬くなり、筋肉の柔軟性が低下します。線維化した筋内膜を元に戻す有効な方法は確立されていないので、予防としての運動が大切です。筋膜ローラーと呼ばれる健康グッズでコロコロしても、筋肉へのマッサージ的効果はありますが、硬くなった筋内膜を柔軟にする効果はありません。

 巷では「筋肉にへばり付いてしまった筋膜を剥がし、筋肉本来の動きを取り戻して可動域を広げ、運動パフォーマンスや代謝を高める」と謳った “筋膜はがし” なるものが流行っていますが、勉強すればするほど、その手法と理論の矛盾点が気になります。マッサージやリラクゼーションの低価格競争で相場価格が下がっているので、新しい価値観を作り上げ、中身の同じようなものをラベルだけ張り替えて倍以上の価格で提供しているのではと疑いたくなります。資格商法を目的とした団体の関係者らが多くのメディアに登場して昨今の筋膜ブームを巻き起こした経緯を考えると、学術的な正確性よりもお金儲けを優先して量産される健康情報番組にも責任があります。